チェックの結果は以下のとおりです。

https://my-home-my-life.blogspot.com を HTML4.01 Transitional としてチェックしました。
290個のエラーがありました。このHTMLは -295点です。タグが 23種類 334組使われています。

先頭の数字はエラーのおおまかな重要度を 0〜9 で示しています(減点数ではありません)。少ない数字は軽く、9 になるほど致命的です。このHTMLには重要な問題が多く含まれています。環境によっては閲覧できない可能性が非常に高いと言えます。減点対象外のごく軽度のエラーは割愛されています。

6: line 1: 不明な DOCTYPE宣言です。 → 解説 4
5: line 2: <HTML> に他のHTML用の属性 `CLASS` が指定されています。 → 解説 80
5: line 2: <HTML> に他のHTML用の属性 `XMLNS` が指定されています。 → 解説 80
6: line 2: <HTML> に不明な属性 `XMLNS:B` が指定されています。 → 解説 79
6: line 2: <HTML> に不明な属性 `XMLNS:DATA` が指定されています。 → 解説 79
6: line 2: <HTML> に不明な属性 `XMLNS:EXPR` が指定されています。 → 解説 79
2: line 2: <HTML> には LANG 属性を指定するようにしましょう。 → 解説 119
7: line 4: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 6: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 8: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 10: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 11: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 12: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 13: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 14: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 15: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 16: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 17: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 19: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 19: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 19: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
5: line 20: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 20: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 20: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
5: line 21: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 21: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 22: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 22: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 22: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
5: line 23: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 23: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 23: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
5: line 24: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 24: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 24: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
5: line 25: <META> に他のHTML用の属性 `PROPERTY` が指定されています。 → 解説 80
7: line 25: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 25: <META> に CONTENT 属性を指定するときは HTTP-EQUIV 属性か NAME 属性を指定しなければなりません。 → 解説 149
1: line 27: <SCRIPT> を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-SCRIPT-TYPE" CONTENT="〜"> を指定するようにしましょう。 → 解説 146
3: line 27: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
3: line 29: <LINK> の HREF 属性の URI `//fonts.googleapis.com/css?family=Source+Sans+Pro:400,400i,500,500i,600,600i,700,700i` はうまく評価されないかも知れません。 → 解説 241
7: line 29: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 30: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<LINK />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 31: <STYLE> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
1: line 31: <STYLE> を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定するようにしましょう。 → 解説 146
3: line 31: <STYLE>〜</STYLE> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
7: line 32: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
5: line 34: <STYLE> に他のHTML用の属性 `ID` が指定されています。 → 解説 80
6: line 2817: <STYLE> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
3: line 3230: <STYLE>〜</STYLE> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
3: line 3242: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
7: line 3244: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 3245: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<META />` と書くことはできません。 → 解説 75
3: line 3247: `&family` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3247: `&family` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3250: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
6: line 3251: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3251: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
9: line 3253: <STYLE> を 3251行目の <DIV>〜</DIV> 内に書くことはできません。 → 解説 43
3: line 3266: <STYLE>〜</STYLE> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
6: line 3268: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
3: line 3287: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
6: line 3296: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3296: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3306: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3306: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3309: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3309: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3310: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3310: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3310: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3311: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3311: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3311: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3312: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3312: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3312: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3322: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3322: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3325: <IMG> に不明な属性 `DATA-HEIGHT` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3325: <IMG> に不明な属性 `DATA-WIDTH` が指定されています。 → 解説 79
3: line 3325: <IMG> の SRC 属性の URI `//2.bp.blogspot.com/-TAlPg2C3b9c/YLe9cJvoTSI/AAAAAAAACF4/F8hrGUItbB0KuelU2mUvsdXp5bWfO9R5gCK4BGAYYCw/s1600/Logo.png` はうまく評価されないかも知れません。 → 解説 241
7: line 3325: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3329: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3329: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3336: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
6: line 3337: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
6: line 3338: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
3: line 3339: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
1: line 3339: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3340: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
7: line 3344: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3344: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3344: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
3: line 3347: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
1: line 3353: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
1: line 3355: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3356: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3356: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3357: <UL> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3358: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3359: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3359: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3360: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3360: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3361: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3361: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3362: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3362: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3363: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3363: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3364: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3365: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3366: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3367: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3368: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
6: line 3368: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
3: line 3369: `&sl` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3369: `&tl` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3369: `&u` は不明な実体参照です。 → 解説 114
6: line 3369: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
3: line 3370: `&sl` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3370: `&tl` は不明な実体参照です。 → 解説 114
3: line 3370: `&u` は不明な実体参照です。 → 解説 114
6: line 3370: <A> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3374: <FORM> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3375: <INPUT> に他のHTML用の属性 `AUTOCOMPLETE` が指定されています。 → 解説 80
6: line 3375: <INPUT> に不明な属性 `PLACEHOLDER` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3375: <INPUT> の TYPE の属性値 `search` は正しくありません。`TEXT`、`PASSWORD`、`CHECKBOX`、`RADIO`、`SUBMIT`、`RESET`、`FILE`、`HIDDEN`、`IMAGE` または `BUTTON` でなければなりません。 → 解説 102
7: line 3375: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<INPUT />` と書くことはできません。 → 解説 75
1: line 3376: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
1: line 3379: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
1: line 3383: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3389: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3389: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3396: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
1: line 3397: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3402: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3403: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
7: line 3415: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
1: line 3416: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3421: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3422: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3427: <BR> が多数連続しています。 → 解説 203
1: line 3428: <A> のアンカー `Read more` は 3409行目で異なるリンク先を指しています。 → 解説 211
7: line 3434: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3440: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3441: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
3: line 3446: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
1: line 3446: <BR> が多数連続しています。 → 解説 203
3: line 3446: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
3: line 3446: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
3: line 3446: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
1: line 3447: <A> のアンカー `Read more` は 3428行目で異なるリンク先を指しています。 → 解説 211
7: line 3453: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3459: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3460: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3466: <A> のアンカー `Read more` は 3447行目で異なるリンク先を指しています。 → 解説 211
6: line 3480: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3480: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
4: line 3481: <H4> が 3462行目の <H2> に続いていますが好ましくありません。 → 解説 205
7: line 3481: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<BR />` と書くことはできません。 → 解説 75
1: line 3482: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3483: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
3: line 3491: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
3: line 3492: <SCRIPT> の SRC 属性の URI `//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit` はうまく評価されないかも知れません。 → 解説 241
6: line 3492: <SCRIPT> には TYPE 属性が必要です。 → 解説 86
6: line 3493: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3499: <DIV> に不明な属性 `ROLE` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3500: <FORM> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
6: line 3501: <INPUT> に不明な属性 `ARIA-LABEL` が指定されています。 → 解説 79
5: line 3501: <INPUT> に他のHTML用の属性 `AUTOCOMPLETE` が指定されています。 → 解説 80
6: line 3501: <INPUT> に不明な属性 `PLACEHOLDER` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3501: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<INPUT />` と書くことはできません。 → 解説 75
7: line 3502: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<INPUT />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3505: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3512: <IMG> に不明な属性 `SRCSET` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3513: <IMG> には終了タグ </IMG> はありません。 → 解説 67
7: line 3514: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<BR />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3518: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3523: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
1: line 3524: <SPAN> と </SPAN> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3531: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3538: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3538: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3546: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3546: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3547: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3547: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3547: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3548: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3548: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3548: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3549: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3549: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3549: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3550: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3550: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3550: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3551: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3551: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3551: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3552: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3552: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3552: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
5: line 3553: <A> のアンカー名が空です。 → 解説 216
1: line 3553: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
1: line 3553: <A> と </A> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3557: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3558: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3568: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3575: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3585: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3590: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3590: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3621: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3621: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
7: line 3626: HTML4.01 Transitional では空要素タグを `<IMG />` と書くことはできません。 → 解説 75
6: line 3634: <SPAN> に不明な属性 `DATETIME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3641: <DIV> に不明な属性 `NAME` が指定されています。 → 解説 79
6: line 3641: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3649: <UL> と </UL> の間が空です。 → 解説 51
6: line 3651: <DIV> に不明な属性 `DATA-VERSION` が指定されています。 → 解説 79
1: line 3684: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
3: line 3688: STYLE 属性を使うときは <HEAD>〜</HEAD> 内に <META HTTP-EQUIV="CONTENT-STYLE-TYPE" CONTENT="〜"> を指定しなければなりません。 → 解説 147
1: line 3688: <A> の属性 `TARGET` はあまり薦められない属性です。 → 解説 81
7: line 3700: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
3: line 3702: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
3: line 3708: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
7: line 3715: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内に `</` を直接書くことはできません。 → 解説 154
3: line 3717: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
3: line 3730: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153
1: line 3732: <DIV> と </DIV> の間が空です。 → 解説 51
3: line 3734: <SCRIPT> の SRC 属性の URI `//www.google.com/js/bg/RSjKnk5gG5e-YnqyaokaGBofRBYcmQ35b5mWA3AF7Xg.js` はうまく評価されないかも知れません。 → 解説 241
7: line 3734: <SCRIPT> の DEFER の属性値 `true` は正しくありません。 → 解説 102
3: line 3758: <SCRIPT>〜</SCRIPT> 内の要素はすべてコメントで囲んだ方が安全です。 → 解説 153


-- cost 1 sec --
This page was generated by htmllint.cgi 1.28 / htmllint.pm 3.58
LWP 5.837 / CGI 3.43 / Jcode 2.07
1997-2009 © by k16@chiba.email.ne.jp